鎌倉市の就学相談

学校生活で配慮が必要なお子さんも、保護者が動かなければ
何の援助もないまま通常学級に入学することになります。
冷静にお子さんの状態を判断し、必要があれば前向きに行動しましょう。

就学に関する相談先 通学先の変更について 鎌倉市の就学相談 就学相談のスケジュール 特別支援学校について 通級指導について 個別の支援計画について 就学先一覧

就学に関する相談先

通学先の変更について

鎌倉市の就学相談

就学相談のスケジュール

5・6月
  • 保護者が市教育委員会に連絡し、随時相談や学校見学を行う。
7月
  • 第1回の就学支援委員会。福祉センターで子どもの行動観察がある。委員は、観察の結果や資料により子どもの状態を把握し、保護者の意見を聞く。
8月
  • 第2回の就学支援委員会。あおぞら園で子どもの行動観察がある。委員は、観察の結果や資料により子どもの状態を把握し、保護者の意見を聞く。
9・10月
  • 保護者と市教育委員会担当の間で個別に相談を行う。
  • 県立特別支援学校を検討している場合は、希望する学校で入学相談(9〜11月頃)を受けておく。>>特別支援学校について
  • 各小学校で就学時健康診断(10〜11月)が行われる。病気や障害で主治医が健康管理しており、受診を希望しない場合は市教育委員会へ連絡。>>就学時健康診断について
11月
  • 第3回の就学支援委員会。委員会の意見と保護者の希望とが一致すれば、就学先が決定する。 継続して検討が必要な場合は,引き続き就学相談を行う。
  • 特別支援学校は県の就学支援委員会で就学決定。
12月
1月
  • 就学先が決まった子どもには就学通知書が送付される。
  • 各小学校で入学説明会が行われる(一部の学校を除き、1〜2月頃)
  • 第4回の就学支援委員会
2月
  • 第5回の就学支援委員会

特別支援学校について

通級指導について

個別の支援計画について

鎌倉市における就学先(市・県立)一覧

通常学級 特別支援学級 県立特別支援学校 県立特別支援学校(視覚障害・聴覚障害) 県立特別支援学校(病弱)

▼通常学級

市内小学校一覧は >>鎌倉の小学校のページへ。

▼特別支援学級

鎌倉市では次の小学校に特別支援学級を配置しています。(平成27年3月現在)
学区の小学校に特別支援学級がなければ、近くの他校に通うことになります。
肢体不自由児学級では通学のためにスクールバスが運行されています。

学校名 知的
自閉症・情緒
肢体不自由 弱視 病弱・身体虚弱
第一小学校 星の子学級
月組
第二小学校 たんぽぽ学級


御成小学校 7組 8組

腰越小学校 雪花組


小坂小学校 若竹学級


玉縄小学校 ひまわり学級


西鎌倉小学校 やまゆり
平成19年度閉鎖
富士塚小学校 ふじ組


大船小学校 にじ組

ほし組

▼県立特別支援学校

知的障害児は藤沢、肢体不自由児は鎌倉へ。それぞれ、小学部、中学部、高等部があります。
通学にはスクールバスが運行されています。

0466-82-8101
藤沢市亀井野2547-19

知的障害児の学校。

0467-45-1482
鎌倉市関谷566

肢体不自由児の学校。高等部は知的障害部門併設。

▼県立特別支援学校(視覚障害・聴覚障害)

それぞれ、幼稚部、小学部、中学部、高等部があります。

0463-31-0948
平塚市追分10-1

視覚障害児の学校。

0463-32-0129
平塚市大原2-1

聴覚障害児の学校。

▼県立特別支援学校(病弱)

小学部、中学部、高等部があります。

045-712-4046
横浜市南区六ツ川2-138-4

県立こども医療センターに入院・入所する病気療養児・肢体不自由児・重症心身障害児の学校。昭和大学藤が丘病院への訪問指導も行っている。

0463-81-0948
秦野市落合500

国立病院機構神奈川病院に入院する病気療養児・重症心身障害児、自宅から通学する病気療養児(心身症・不登校等を含む)の学校。神奈川リハビリテーション病院の院内学級、弘済学園(障害児入所施設)への訪問指導も行っている。

このページの情報は鎌倉市教育委員会への取材および文部科学省ホームページ神奈川県ホームページの情報に基づいています。
詳細は、鎌倉市教育委員会にお問い合わせ下さい。
>>小学校・学童保育メニューへ
>>発達に心配があるときメニューへ
鎌倉子育てガイドTOP 鎌倉子育てガイドとは? よくある質問 サイトマップ 口コミ情報募集 お問合せ
最終更新日:2015年03月11日
Copyright ©  NPOコソガイ(鎌倉子育てガイド) all rights reserved.