しろやぎさんの産褥日記 vol.4

 入院中のこと〜産後1週間

よく言われることだけど、産後すぐ、入院中のハハは忙しい。お産でボロボロになった自分のカラダを労わりつつ、赤ちゃんのお世話がスタート。その合間に、来客があったり、診察があったり、実習やいろいろな書類書きがあったり……。
1日があっという間に過ぎていく。

まず産後1、2日は朝、トイレに行く、顔を洗うというレベルから大仕事だ。傷は痛むし、腰に違和感はあるしで、ひとつひとつの行動が「…では行くか! よいしょ」と気合を入れたものになる。赤ちゃんってカワイイなあ〜なんてかみ締めているゆとりはない! こちらの病院では、希望者はいつでも、使い心地のよいふかふかの円座(ドーナツ型クッション)が借りられるのだが、病室でもロビーでも洗面所でも座ろうと思ったら、眼はマイ円座を探してる日々……。円座を肩にかけて歩いてるツワモノもいるいる。

さて、赤ちゃんの世話に関して、一番たいへんなのは、授乳のペースを掴むことだろう。産まれたばかりの赤ちゃんなんて、ほんのちょっとしかおっぱいを飲みゃしない。
ふにゃふにゃした赤ちゃんを、カチコチに緊張した腕で支えて、なんとか乳首をくわえさせても、ちゅぱちゅぱと4、5回吸って、すぐはずして泣き出すか、疲れてくたっと寝てしまう。何度も挑戦して、ちょっと飲んだかな?と思ったら、もう30分経過。立て抱きにして、背中をトントンしてゲップをさせ、オムツを替え、自分がトイレに行って帰ってくると、え? もう次の授乳時間! という感じ。

でもこれが重要なのだった。ベビーが吸えば吸うほど、分泌がよくなるのが、母乳育児の神秘。

何日か経過し、病院の廊下を、ヨロヨロからソロソロ、そしてスタスタ歩ける頃には、赤ちゃんもなかなか飲み上手になっており、ほんの少しだけ顔つきもカラダつきもしっかりしたような気がしてくる。
そして自分なりのリズムができたかな?って頃に、もう退院なのだった。

 入院中のメモ日記

産後1日目

産後2日目

産後3日目

産後4日目

(つづく)

入院中に差し入れてもらった(!?)退院用ベビー服。


戻る メニュー 次へ
鎌倉子育てガイドTOP 鎌倉子育てガイドとは? よくある質問 サイトマップ 口コミ情報募集 お問合せ
最終更新日:2007年04月20日
Copyright ©  NPOコソガイ(鎌倉子育てガイド) all rights reserved.