しろやぎさんの産褥日記 vol.3

 無痛分娩にて出産

しろやぎさんの産褥日記。なかなか産褥の話にいかないのですが、今回は無痛分娩についてです。

無痛分娩と聞くと、自然じゃないし、なんだか抵抗があるという方もいるのでは? 確かに無痛分娩には、麻酔の効きにより陣痛が弱くなる・いきみにくくなることがあったり、麻酔から起こる合併症のリスクがあるといわれている。トラブルが起きる確率は低いし、そもそも自然・無痛に関わらず、分娩そのものに幾らかのリスクはあるのだが、「痛いのイヤ〜!」っていうだけでは、なかなか踏み切れないんじゃないのだろうか。

私の場合も、上の子を出産した病院の助産師さんから「無痛で産みたい? それはお母さんの力で産むというスタイルからは遠いのよ」と言われたりして、ちょっと考え込んでしまったりもした。一般的に日本では、無痛分娩は、自然では難しいお母さん(持病などで)が、やむなく選択するものらしい。
確かに、不要な薬をカラダに入れるのだしね。
「痛みがなくなっていきみにくくなる」ってくだりは一番コワかった。助産師さんの「いきんでください」の合図で産むんだって。ひ〜。そんなにうまくいくもんかいな。

しかし、経験してみると、心配は無用。無痛分娩でも痛みはあるし(自然ほどじゃないけど)、しっかりいきめました! それと無痛分娩では、お腹を痛めていないから、赤ちゃんに対する愛情が薄れるなんて説があるそうだが、まったく関係なし! むしろ体力的、精神的にも余裕があり、産んだ瞬間から赤ちゃんのことを考えられるかも……。結果的には満足なお産でした。

以下、無痛分娩の流れです。

1日目 15時

1日目 16時

1日目 夜

2日目 朝6時

2日目 朝7時

2日目 11時頃

2日目 12時頃

2日目 13時

2日目 14時

2日目 15時

2日目 16時

2日目 17時

2日目 18時

(つづく)

元気な男の子の誕生!
ようこそ。我が家の新メンバーくん。


戻る メニュー 次へ
鎌倉子育てガイドTOP 鎌倉子育てガイドとは? よくある質問 サイトマップ 口コミ情報募集 お問合せ
最終更新日:2007年03月23日
Copyright ©  NPOコソガイ(鎌倉子育てガイド) all rights reserved.